« 振る舞いのオーラ | トップページ | 理性の天使と悪魔(続き) »

2006年11月 3日 (金)

理性の天使と悪魔

『理性的な人』と聞くと、どんな人をイメージしますか?

『人を傷つけない人』『裏切らない人』『浮気しない人』・・・

ほとんどの人は、悪いイメージは持たないのではないでしょうか。
さて、この『理性』、『悩み』の源の一つであると言ったら、驚きますか!?

人生を主人公として活きる為には、『理性的』であることは必ずしも良いことではないんです(^_^)
かといって、欲望に任せてれば良いと言ってるんじゃありませんよ。誤解の無いように(^_^;)

人生は選択の連続です。人は意識する、しないに関わらず、いつも何らかの選択をして生きています。
人生の転機には、大きな選択を迫られますよね(^_^)/
恋愛・結婚・離婚、就職・転職・独立・企業…重大な選択は結構あります。

さて、『選択』の瞬間、『理性』はどんな役割を担うのでしょうか?

|

« 振る舞いのオーラ | トップページ | 理性の天使と悪魔(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理性の天使と悪魔:

« 振る舞いのオーラ | トップページ | 理性の天使と悪魔(続き) »