2012年8月28日 (火)

不幸と幸福の深淵

不幸と幸福の間には、大きな隔たりがあります。

昔から長い間、彼らは不幸とは何かを指し示してきました。

不幸でないことが、あたかも幸福であるかの様に、あなたの前に並び立て、そうでないことを煌めかせ飾り立ててきました。
時には、不幸ではないことも幸福ではないという理由をつけて、あなたの前に飾り立ててきたのです。


不幸と幸福の間には、共に「そうではない」という広大な深淵が拡がっています。

今一度、あなたを空から眺めてみましょう。
不幸でないことに過度に執着し、幸福でないことに怖れ過ぎてはいませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

無価値の価値

まずは己の無力さ、無知、無価値を知る
そして絶望の魅惑に惑わされずに、彼らそれらもまた同じであることを静かに眺めよう。
その先に、無価値の価値を見出だすまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

無意味と意味

無意味なもとの、意味のあるもの
その違いは、あなたのその考えにしかないことに気づきましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

言葉の軽さ

なんとも言葉の軽さが目立つ世の中になりました。

言葉は、発した者の為にあるのではありません。
発した後は、それを受け取った人の為にあるのです。

言葉は宣言です。いついかなる時に発した言葉も、それを受け取った人に対して、誠実にあるべきでしょう。

ごまかしの言葉は、自分自身の魂を傷つけます。
発した言葉は、その反動を発した者に浴びせかけます。

誠実にあろうとする限り、その反動は情熱の源となり、貴方の魂を活かし続けるでしょう。
しかし、不誠実であるならば、その魂を風化させ希薄にしてしまうことでしょう。

いかなるときも、発する言葉を受け取る人に誠実であるか、自らの義をまっとうせんとする者は、確かめつつその道を歩むべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

活動再開します

ご無沙汰してしまいました。
少し長い休養が必要となってしまい約1年半が経ってしまいましたが、その休養期間に得た新しいテーマで再開させていただきます。

根底のテーマは、今までと変わらず、「人生の主人公は、あなた」です
活き活きとした人生を目指して、がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月31日 (日)

大晦日

大晦日ですね。迦楼羅はやっと大掃除を終えました(^_^;)

『一年間お疲れ様』という気持ちで、周りのものを拭き上げていくと、いつの間にか心がクリアになってきます。

あと残り僅かの時間ですが、一年を振り返って、あなたの人生はどうでしたか?

満足いく一年でも、ちょっと物足りない一年でも、辛かった一年でも、今日が締めくくりの日ですね。

明日からの新たな一年の為に、今年を振り返ってみてください。

来年は、あなたが恋にも仕事にも、主役でありますように(^_^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)