2006年12月15日 (金)

苦しみの源への対処(1)

親と子、家族問題、片想い、職場の人間関係・・・人生のドラマは人との繋がりです。

そして、悩みの多くは、その人間関係の中から生まれてきますね。

仏教の教えに『八正道』というものがあるのは、ご存知でしょうか?

よく知らなくても、言葉だけは知っているという方は多いですよね。

今日は、その『八正道』から言葉を借りて、『正見』『正語』について書いてみます。

仏教の教えの『正見』『正語』とは、異なりますが、『正見』(正しく見ること)、『正語』(正しく語ること)は人間関係において重要なキーワードです。そして、『八正道』にはありませんが、『正聞』(正しく聞くこと)を付け加えたいと思います。

『正見』(正しく見ること):

 相手のこと・自分のことを正しく見ているかを自問してみましょう。あなたは、自分のことを、自分の気持ちを正しく見ていますか?

 そして、相手のこと、相手の気持ちが正しく見えているでしょうか?

 あなたが、自分の『子供』に接するとき、特にしつけを行うとき、『子供』のことをよく見てあげてください。『子供』はなぜそんな振る舞いをしているのでしょう?そして、その振る舞いから、あなた自身はどのように感じているのでしょう?その感情はどこから来ているのでしょう?『子供』に対する愛からですか?それとも自分自身の機嫌によるものですか?

 あなたが、好きな人(片想いの相手、恋人、配偶者)や家族、職場の同僚に接する時も同じです。

 片想いをしているのであれば、あなたは彼(彼女)に対して、どのように感じていますか?なぜ好きなのでしょう?彼(彼女)の顔が好みだからですか?それとも性格に惹かれているのでしょうか?それとも周囲の雰囲気(例えば、周りの人はみんな恋人がいるとか・・・、クリスマスだから・・・とか)から恋に恋しているのでしょうか?

 人との繋がりを考えるとき、自分自身と相手を『正しく見る』こと、これが苦しみの源となる悩みの原因の一つ『自分と相手の誤解』を防ぐ重要なポイントです。

 自分のこと、相手のこと、あなたは正しく見えていますか?

(つづく)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
多くの方に知っていただける様、1クリックお願いします。

     ブログランキング     
        
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

子供と親(番外編)

今日は、『子供と親』のチョット番外編です。

朝から、秋田の虐待~子殺しのニュースで気が重いので、少しそのことについて書いてみます。

この社のテーマは『人生の主人公はあなた』です。

ここで迦楼羅は、『主人公』という言葉を強調したいと思います。

主人公』それは、『人生』という完成したシナリオのない映画(演劇/ドラマ・・・)の中心を演じる人物です。周囲の人間は全て『脇役(助演者)』です。

でも、『主人公』だけでは、その映画は成り立たないことは肝に銘じておかなくては・・・

脇役(助演者)』もそろって、その関係の中で映画は仕上がっていきます。

それぞれの『脇役(助演者)』との関係を『主人公』が主体となって作り上げていくことで、『人生』という映画は輝くものになっていくのです。

ライフスタイルを考えるとき、『主人公』のあり方だけではなくて、『脇役(助演者)』との関係を考えていくことが必要です。

脇役(助演者)』は、他人です。あなたではありません。

からなずあなたの全てが、他人に受け入れられる訳ではありません。

そのことをまず学ぶのが、『子供』としてのあなた、『人生』の初めに出会う他人は『親』。(※ここでいう『親』は必ずしも肉親ということではなく、『こどば』も十分に話せず意志を伝えることもままならない、『あなた』を最も受け入れてくれる人という意味です。)

『子供と親』の関係からの出来事は、双方にとって、『人生の脇役(助演者)』との関係を身に付ける上で、とても重要なものです。『子供あなた』はまず『親という脇役(助演者)』に『人生の脇役(助演者)』との関係作りの基礎を学び、時を経て『あなた』は『子という脇役(助演者)』から、今までの『人生の脇役(助演者)』との関係に気付きを与えられ、あらたな関係を考えさせられるものです。

『人生の主人公はあなた』、でも『脇役(助演者)』あっての『人生』ですよ・・・と言いたい気分です(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

『幸せ』って?

たまに『わたしは、幸せでしょうか?』と相談される方が、いらっしゃいます。

皆さんは、この問いにどう答えますか?

迦楼羅が中学生の頃、ある先生にこんな質問をされました。
『この世の最大の不幸は何か?』
その時反射的にこう答えました。
『この世の最大の不幸は、幸福を求めること』

当然ながら、何故?(?_?)と質問されました(^_^;)
その時の答えとしては、
『例えばその幸福がお金がより多くあることであるなら、今より多くのそれを
求めるのだから、今はそうではないという思いにある。その状態は不幸でしかなく、
それが無くなることを怖れなくてはならないから、その心は不幸ではないですか?』
というようなことを言いました。

『幸せ』ってなんでしょう?
状態でしょうか?状況でしょうか?
瞬間でしょうか?永遠でしょうか?
『人生の主人公として活きる』為には大切なテーマです。

『幸せ』を考えるにあたって、釈円融さんがお書きになっているBlog記事を見つけました。
幸せになる、幸せである

『人生の主人公』である為に、自分の『幸せ』のカタチを考えてみてください(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

表の言葉と裏の心

某女優さんの離婚騒動が世間をにぎあわせてますね。(^_^;)
出産を終えて仕事に復帰した頃の雑誌のインタビューなどでは、『幸せな生活』が語られていたそうですが、実状は…

この方だけに限らず、表社会で語る(演じる)自分と、一人の時の自分や実状は、必ずしも一致しないことの方が多いものですね。

そのギャップの大きさが、人生を活きる力を弱める『悩み』の大きさになります。

私のアドバイスは、運命と運勢と現状の鑑定から、そのギャップを意識してもらう事から始まります。
そして、次にその『悩み(ギャップ)』の解消に向けたアドバイス。
それから、今後の生活で『悩み』の少ないライフスタイルを確立していくためのアドバイスです(^_^)

『人生の主人公はあなた』
人生を活きましょうね(^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)